やっぱり貧乏は嫌
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。

やっぱり貧乏は嫌、その理由5つ

もちろん誰しも貧乏はイヤでしょう。 しかし、改めて何で貧乏が嫌なんでしょうか?

考えてみたらわかりました。
そして、「やっぱり貧乏は嫌だなぁ」と思うようになりました。

その理由は5つあります。

1)やりたいことができない

貧乏だと、常に制限されながら生きなくてはなりません。

お金がないと旅行にも行けません。 美味しいものも食べられません。 当然、やりたいことがなかなかできません。 何かをやるにはどうしてもお金がかかるからです。

急いでいてもタクシーに乗れないし、欲しい洋服も買えません。 恋人も作れないし、人と会うのもためらいます。

とにかくお金をかけずに生活することが人生の最大の目的かのようになってしまいます。

2)常にお金の心配で頭がいっぱいで楽しめない

貧乏だと、何をやるにしても、いかにお金を節約するかで頭がいっぱいになります。

誰かとご飯を食べに行っても、頭の中は目の前の人のことよりお金のことが気になってしまいます。 料理や飲み物の値段ばかり気になって、心から楽しめません。

何をするにしてもそうして「お金の心配ばかりで楽しめない」ということになってしまうでしょう。

3)妬みやひがみが多くなる

貧乏だとどうしても精神的な余裕がなくなってしまいます。 そしてそうなると、他人に対する妬みやひがみが多くなります。

口を開けば愚痴や他人の悪口ばかり、なんていう人も少なくありません。

ストレスのはけ口がそれしか無いのかもしれません。 でも、妬みやひがみが多い人は大抵嫌われます。

4)意欲がなくなる

愚痴や悪口ばかりの世界で生きていると、そこで努力して成功しようなどという気持ちが湧いてくるはずもありません。 貧乏で精神的余裕がないと、いつの間にか努力する意欲すら失ってしまいます。

諦めの中で、少しでも楽しよう楽しようという発想になってしまいます。 そうなると、ますます貧乏から抜け出せなくなってしまうでしょう。

5)周りも貧乏人ばかりになる

結局、気がつけば自分の周りにいるのは貧乏人ばかりということになるでしょう。 人は波長が合う者同士で集まる習性があるからです。

貧乏人に囲まれながら暮らしていれば、その生活がどんどん染み付いていくのは明らかです。

以上、「貧乏が嫌な5つの理由」でした。 やっぱり、嫌です。


*借金生活脱出への道トップ

▲TOP