ブラックリスト
キャッシング比較ならキャッシングの達人
「キャッシングの達人」なら、消費者金融から銀行まで全国で利用できるキャッシング・ローンを比較できます。また、キャッシング・ローンを賢く利用するための情報も豊富に掲載しています。
キャッシングの達人 > Q&A > ブラックリストってホントにあるの?

キャッシングQ&A

Qブラックリストってホントにあるの?

Aブラックリストというと、どこかに存在している極秘ファイルで、要注意人物をリストアップしている。そしてそれに名前が載ってしまうとスゴクまずいというイメージです。
とりあえず、何があってもブラックリストには名前が載らないようにしないといけないな、などと漠然と思ってしまいます。
でも、そんな極秘ファイルが本当に存在するのでしょうか?

実は、そんな極秘ファイルが実際に存在するわけではありません。(ちょっと安心・・・)

とはいえ、金融機関から借入した利用データや支払状況等は、全て個人情報登録機関に登録管理されています。
その中で長期に渡り返済が滞るなどの契約違反情報、債務整理、調停、破産等の情報については、今後金融業者が同じような被害を受けないために「事故情報」として登録されることになります。

この「事故情報」は各金融機関が審査の際に参照しますから、これがあれば当然審査にマイナスの影響を与えます。

この「事故情報」が登録されたからといって、金融機関の審査に全て通らなくなるというわけではありませんが、各種ローンやキャッシングなどの新たな借り入れはかなり難しくなるでしょう。
これが俗に「ブラックリストに載った」と言われているものに近い状態と言えます。

「ブラックリスト」という極秘ファイル自体は存在しませんが 返済が長期にわたって滞るなどすると情報はしっかりとデータとして登録されてしまいます。気をつけましょう。

ちなみに、「ブラック」の反対は「ホワイト」です。カード業界などではこの「ホワイト」とは、これまで一度もカードを作ったことがなく、使用実績や履歴が全くの白紙状態であることを指します。

【関連情報】
信用情報機関とは?
どれだけ返済が遅れるとブラックリストに登録されるの?
申込みブラックとは?
借金生活から脱出するための18の方法

*Q&Aトップ

▲TOP